2017.07    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31   
--.--.--
Comment:×
Trackback:×
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
14.04.2007
comment:0
trackback:1
痙攣性発声障害。その後2
いやいや。失礼致しました。
まさかアップされてるとは思わなかったんですわぃ。
しかも、会社を辞めることになったので
(このことって書いたんだっけ・・・?)
ちょっとバタバタしていて
なかなか更新できませんでした。

お見苦しくて申し訳ないです。
ってなことで、リハビリ編をどうぞ!


はい。
で、以前も書いたように
まずは、「あ」~「ん」までのカードで
ウォーミングアップします。

で、最近は調子が良いので電話の練習をします。
調子が悪いときは、苦手なことをすると
自信が無くなって余計に声が詰まりやすくなるので
基本的には電話の練習はしません。

ウチの会社の基本的な電話のでかたは

「ありがとうございます。
 ○○(会社名)の××(自分の名前)です。」

なのですが、まずは

「ありがとうございます。」

を練習します。
出だしの「あ」は半分くらい言えばそれなりに聞こえます。
半分息の半分声って感じのイメージで。

「ぁりがとうございます。」

みたいなね。
で、それが終わると今度は後半部分の練習。
それから、全部通して言ってみる。
それが上手くいくと、少しずつ負荷をかけていって
先生が

「1・2・3はいっ」

って言ったら、受話器をとるしぐさをして
フレーズを言う。
これがね、意外と緊張して声が詰まるんです。
それに慣れてくると、今度はケータイを使って同じことをする。
更にそれに慣れると、本当の固定電話が登場。
あの微妙なオフホワイトの電話機がすごい怖いんです。
私のここ3年間のイヤな思い出が濃縮されてるんでしょうね。
必ず詰まります。
おもしろいくらいに。

「・・・ぁ゛りがどうございます。」

ってなる。
先生と

「ははは!やっぱりコイツ(電話機)はすごいね。」

と一通り笑ってから、また練習します。
でも、先生の言うとおりに発声すると
ホントに不思議なのですが、すんなり言えるんです。
それを5回くらい繰り返して、リハビリは終了です。

前はもうちょっと練習することが多かったのですが
最近はちゃんと声が出るので、こんな感じです。
ちなみに、リハビリの間は基本的に高めの柔らかい声です。
私と先生の間では

かっこいい人に財布を拾ってもらって
「ありがとうございますぅ~(o´艸`)」
って言うときくらいの、女の子らしい声

これのイメージでやってます。
意外とこれいいですよ。
あ、あとね。

「あ、この音は絶対に詰まるな・・・」

ってわかるじゃないですか?
その時は声を出す前に、

「ん~♪」

って小さな声でハミングをするんです。
で、ちょっと笑顔を作りつつ声を出すと
意外とキレイに出たりしますよ!
みなさんもお試しあれ。

と、「調子がいい」を連呼してきましたが
1番ヒドイ時から比べてのことでありまして・・・。
最近はかなり解除する頻度が増えてきました。
解除を失敗して、詰まることも増えました。
でも、3年前とは精神面で全然違います。
前は

「何で声が出ないのか・・・。」

とばかり考えてて良くなるなんて思えなかった。
不安に押し潰されきって、前向きになれなかった。
だけど、ボイトレやリハビリを私なりに頑張って
ここまで回復したという自信がある。
だから詰まっても

「まぁ・・・仕方ないよね。
こーゆー時もあるさ。」

と思うことができるようになりました。
そりゃ人間なので、もちろん落ち込みますよ。
テンションも下がりますわぃ。
だけど、最終的にそこに持っていけるようになったのは
かなりの進歩だと思います。
そして、ここまで私を支えてくれた全ての人に
感謝の気持ちでいっぱいです。
私1人じゃ、絶対こんな風に考えられなかったもん。

今の私はこんな感じです。

SDは本当にツライ病気です。
もちろん、気楽な病気なんてものはこの世に存在しないし
気楽なら病気とも思わないですけど・・・。
でも、話せて当たり前のこの世の中です。
当たり前のことができないもどかしさ。
みんなが何の苦労もなしに、スラスラと話をしているのを見ると
すごく自分が劣っているように思う。
出ない音を出そうと一生懸命頑張ったのに

「え?何言ってるのか聞こえない。」

とか

「しょっちゅう風邪ひいてるよね。」

とか・・・書いてるだけでヘコんできた(笑)
相手は悪気が無いのかもしれないけど
すごくショックだったり傷つくことを、いっぱい言われました。
それは今も相変わらずです。
だからこそ、こういう病気があることを
私がblogに書くことによって知ってくれる人が
少しでも増えたらいいなと思って書きました。

「また風邪ひいたの?(笑)」

「いえ、私SDなんです。」

「あ、そうだったんだ。」

みたいなね。
もちろん、この病気を抱えてるけど
まだSDという病名と出会えてない人達のため
っていうのが1番の目的です。
自分がSDという病気だってわかるだけでも
気持ちが全然違うのでは?と思うんです。
実際私がそうだったし。

ありゃ。なんだか長くなっちゃった。
とにかく、SDを抱えてる人には

「大丈夫。焦らずゆっくり話そう。
私みたいに能天気なSD患者になろうよ。」

ってこと。
SDを知らなかった人達には

「話したくても、うまく話せない人もいるんです。
声を出すのに、頑張り過ぎてるぐらい頑張ってる人もいるんです。
そういう人に出会ったら、聞く努力をしてあげてください。」

ってことを伝えたいです。
うん。これでいいのかな・・・。
伝えたいことは山のようにあるのですが
なんせ説明下手なもので。

そんなこんなで。
かなり稚拙な文章かもしれませんが
読んでくださってありがとうございましたm(_ _)m


スポンサーサイト
   


 内緒にする
症状で知っておきたい病の知識
痙攣の解説
痙攣痙攣(けいれん、convulsion)とは、不随意に筋肉が激しく収縮することによって起こる発作。痙攣のパターンは多種多様であるが、大きく全身性の場合と体の一部分である場合とに分ける事が出来る。痙攣を新規に発症した場合には、医療機関を受診する事が重要である。.wik
16.04.2007 / URL
http://sayapipin.blog4.fc2.com/tb.php/112-a3f27ab1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。